任意整理で借金解決

任意整理とは

解決までの時間も早く、手続は誰にも知られない

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用しないで、消費者金融やクレジット会社(債権者)と直接交渉して、これまで支払いをしてきた高金利分を元本返済に組み入れたり、将来に渡っての利息をカットするなどして、債務を圧縮する手続の事です。
この手続きで減らした借金を3~5年で返済していきます。また、借入期間が長ければ長い程、払ってきた利息が積立金のようにたまり、計算し直すと借金がすでに無くなっていたり、逆に払い過ぎている場合も出てきます。このような過払金は取り戻せる場合があります。
さらに、任意整理は裁判所を利用する手続(個人再生自己破産)とは異なり、交渉の相手方を選ぶ事も可能です。

交渉は専門家にお任せ

債権者との交渉は、債務者本人や家族の方がする事も可能ですが、交渉には法的知識が必要ですし、何より相手は督促や交渉のプロです。
一個人と大きな企業では、どうしても情報量や知識、経験に差が出てしまいます。その結果、本人が交渉したものの債権者のいいなりの和解となってしまうこと も多いようです。さらに、多重債務で苦しんでいる方は、複数の債権者から借入をしている事が多いですから、各社それぞれと交渉するだけでも大変な労力と時 間が必要になります
そのように考えると、やはり手続は弁護士等の資格者・専門家に相談し、任せたほうがよいでしょう。
弁護士に任意整理を依頼するときは、隠し事をせず、すべての借金を打ち明けるようにしてください。また、手続直前に多額の借金をする事は、その後の債権 者との交渉に悪い影響を及ぼすこともあります。このような注意点も併せて、専門家にアドバイスをしてもらいましょう。

弁護士が介入すれば取立は止まる

日々、債権者から督促の電話等を受けている方も多いでしょう。弁護士が正式に、任意整理の手続に着手した時点で債権者からの取立は止まりますから、落ち着いて今後の対応を決めていくことができます。
また、弁護士と債権者との和解交渉が決着するまでは、毎月の支払も一時的にストップします。この間に生活を見直す、貯蓄する等の対応も可能になります。

3年を目安に返済していく

支払の目安としては、大体3年間というケースが多いです。圧縮をしても債務がやや多く残った場合は、弁護士が債権者と再度交渉をして、5年間まで支払期間を延ばせる場合もあります。
いずれにせよ毎月の生活や支出を見直して、無理なく支払ができる金額が幾らになるのか、手続を進めていく中で弁護士とよく相談をしておきましょう。

今すぐお電話で無料相談できます!(日本全国対応) フリーダイヤル:0120(375)377 受付時間:24時間 年中無休

あすなろ法律事務所 フリーダイヤル:0120-146-003 24時間365日いつでもお電話で対応します!