債務不存在確認訴訟

債務不存在確認とは

借りたお金をすでに返し終わっているのが確実である場合や、利息制限法にもとづく再計算をしたら借金がすでに無くなっている(債務残高が0円になっている)にもかかわらず、債権者から「お金を返せ」と請求が来たらどうしたらいいのでしょうか。
このような場合には、債権者に対して債務(借金)はもう存在していないことを認めさせる手続をとる事ができます。

まずは内容証明郵便で、それでも請求が止まらない場合は訴訟を

債権者に対して「借金は完済しているので、以後一切請求しないで下さい」といった内容証明郵便を送ります。それでも請求が止まらなかったら裁判所に 「債務不存在確認訴訟」を申し立てて、債権者にこれ以上の債務はないことを公に認めさせるのです。これによって債権者は返済請求をすることができなくなり ます。

特定調停や過払い金返還請求と組み合わせて効果を出すことも

例えば、特定調停の手続を行っている場合を考えてみましょう。特定調停の場合、申立をしてから調停成立までに数ヶ月かかってしまいますが、債務不存 在確認訴訟では申し立てをしてから約1か月後に行われる一回目の口頭弁論で債務者と債権者の話合い(和解)が成立することあります。その分、解決までの時 間が短くて済みます。
また、過払い金返還請求訴訟をすでに起こしている場合、債務不存在確認も一緒に判決してもらうように裁判所に申立てることもできます。過払い金返還が判決で認 められたからといって、当然に債務不存在確認までが判決で認められるわけではありませんので、貸金業者からの請求を完全に止めるためには、一緒に手続をし た方が良い場合もあります。
このような手続をして、裁判所から債務不存在が認められれば、たとえ債権者からの請求があったとしても、債務者は以後の支払いを拒むことができます。

今すぐお電話で無料相談できます!(日本全国対応) フリーダイヤル:0120(375)377 受付時間:24時間 年中無休
債務整理ネット:HOME > 債務不存在確認訴訟

あすなろ法律事務所 フリーダイヤル:0120-146-003 24時間365日いつでもお電話で対応します!